よくある質問 - 薬・その他 -

よくある質問

医療一般/心療内科病気症状薬/その他

治療というよりお話を聞いてもらいたいのですが?
それも可能で予約が必要です。その旨予約時にお話ください。
ページトップへ
普通内科の病気(かぜや腹痛など)は診てもらえないでしょうか?
もちろん受診されて構いません。
ページトップへ
精神安定剤や睡眠剤は副作用や習慣性、依存性が心配ですが?
お薬は本来「毒を持って毒を制す」ということで漢方薬から胃薬に至るまでどんな薬も100%副作用がない薬 はありません。問題はその頻度です。
心療内科、神経科レベルでのお薬は副作用の頻度は非常に少なく長期に服用可能なお薬がほとんどです。不安の大きい方はお薬についての不安も当然大きいと考えられますが、稀にしか起こらない副作用を恐れて、お薬を服用しないと状態はどんどん悪化して、結局取り返しのつかない精神疾患や身体疾患 になってしまいます。
このデメリットと稀にしか起こらない副作用とは比較にならないほど副作用のデメリットは少ないのです。最近、情報過多で様々な本やメディア で薬の副作用が一般の方でも目にする機会が多くなっています。
しかし、きちんとした診断に基づき適切に処方されたお薬を指示どうり服用すれば決して恐ろしいもの ではありません。インフォームドコンセントが重要視されている昨今、診療契約にもとずき処方した医師からのきちんと説明を受け、納得した上で指示どうり服用しましょう。
習慣性や依存性につきましては、最近の我々の治療法は過去と異なり、心の健康を取り戻せば自然にお薬を飲み忘れたりするようになり、絶対に飲まないといられなくなるような「身体依存」やだんだん効かなくなり投与量が増えていく「容量依存」のあるお薬は極力しようしない方法をとっていますので安心して良いと思います。
ページトップへ
服薬をしないですむ為に、何か出来ることはないでしょうか?
瞑想をする時間を取ってみてください。どの精神的病気でも考えすぎることが、原因の一つになっています。くよくよ考えることで、エネルギーを消費し、抵抗力を弱めます。どんなところでも良いですから、短時間でも、何も考えないような時間を持ってみてください。歩いていても、自分の歩き方や身体の動きに意識を集中することで、頭を空にすることが出来ます。座っての場合は、呼吸に意識を集中してください。そうすることで、雑念を右から左に流してしまってください。
ページトップへ
薬はきちんと飲まないといけないのでしょうか?
薬には、きちんと毎日飲んでもらわないといけない薬と、症状があるときだけ、飲んでもらうだけで良いものとがあります。例えば、抗うつ薬は、毎日飲んで、1〜2週間して、やっと効いてくるものなので、毎日飲んでもらわないと効果がわかりません。睡眠薬とか、不安感に対する薬などは、具合が悪いときだけに飲んでもらうだけで、原則として問題ありません。基本としては、症状を出来るだけ消してしまうことなので、中途半端に症状があるのに、薬を飲まないのは、望ましいことではありません。
ページトップへ
薬では根本的な治療にならないのでは?
世の中には根本的な治療などはないと考えます。いくら完璧な人でも、非常な恐怖体験をした後では、激しいうつ状態になります。結局は、ストレスの度合いと人の抵抗力との関係です.。人によってストレスに強い人と、そうでない人がいますし、自分に合った仕事などではストレスは感じませんが、嫌いだと強く感じます。
薬によって精神状態を改善し症状がなくなり、その前後で、環境やその人の考え方、認識の仕方などを変えることが出来れば、自己治癒力が高まり、普通の社会生活が営めるようになります。しかし、自分の抵抗力以上のストレスがかかれば、精神が不安定になります。そのため、自分の抵抗力はどのくらいか、どのくらいのストレスがあれば、不安定になるのかを知っている必要があります。
ページトップへ
薬で自分の精神状態が左右されるのが恐ろしい。
確かに薬は、精神状態を変えていきます。しかし、回復すれば、精神病でない限りは、薬を飲みつづけることは原則としてありません。また、薬によって、迅速な改善が見られるため、患者さんの苦しみも短期間ですみます。精神療法では、それ程の迅速な改善が見られません。
ページトップへ
睡眠薬を飲みだすと止められなくなるのでは?
眠れないなどの症状があるときは、飲む必要があります。眠れないと言うことが、色々な症状を生み出します。良い睡眠をとれると、自己治癒力が増して、回復が早くなります。また、回復すれば、睡眠薬がなくても、眠れるようになります。ですから、飲むのを控えると逆効果になると考えてください。
ページトップへ
サプリメントと薬の併用はよいか?
サプリメントのなかには甲状腺ホルモン末を含むものがあり、抗うつ剤と併用することで問題の出るケースがあります。また鬱に効くというセントジョ○○○ワートは抗鬱剤の血中濃度を低下させる(効かなくさせる)といわれています。
サプリメントも薬物である以上無害ではないので、併用については主治医にお確かめ下さい。
ページトップへ
薬を飲むようになってから記憶力が低下した気がするんですが。
安定剤には眠くなったりリラックスさせたりする作用がありますから、確かにぼうっとして集中力が低下⇒記憶力が低下するような感じがすることは起こりえると思います。と同時に病気そのものの影響も考えられます。うつ病/鬱状態では病状として集中力の低下が起こりますので、「昔の自分に比べて頭がさえない感じがする」状態になります。ですから「薬でばかになった」などと即断せず、病状が改善されるまで是非ご辛抱ください。
ページトップへ
薬を飲むと太るのですか?
安定剤を服用することで不安感がとれたり、抑うつ気分が改善されるために、「食べようかな」という気持ちが出てきたり、「おいしいと思えるように」なり食欲が出てきます。その結果として摂取量が増え、体重が増加する、という流れになるのだと思います。風と桶屋のような関係ですね。その他、病状が軽快すると、同じだけ食べているのに妙に消化吸収能力がよくなって体重が少しずつ増えていく、という方もいらっしゃるようです。
太ることができるということは、精神状態が改善されたというバロメーターではないでしょうか。
ページトップへ
薬で生理が止まる?おっぱいがはるんですけど?
ある種の安定剤では確かに生理が不規則になり、時には止まってしまうことがあります。
これは女性ホルモンに影響を与えることによるものです。同時に乳房がはっておっぱいが少量出る方もいらっしゃいます。
「生理なんかない方が楽でいいわ」「じんわりおっぱいがにじむ程度だから、まあいいわ」という女性にはそのまま使用継続します。一方「ないといやです」「おっぱいはちょっとねえ」という方には、別の処方で工夫することができますので申し出てください。原因薬剤を中止後およそ一ヶ月で生理はもとの状態にもどります。
この副作用を起こしやすい薬の筆頭はドグマチール(=アビリット、ミラドール)です。SSRI(デプロメール、ルボックス)でも時に起こるようです。
ページトップへ
私の飲んでいる薬を調べたら統合失調症の薬だったが?
いわゆるメジャートランキライザー(抗精神病薬)のことですね。
まず本当に統合失調症である場合:医師から統合失調症と言われていないのに出されており、自分で納得がいかないこともあるでしょう。この場合はどうぞ医師に問い合わせてみてください。統合失調症は不治の病ではないのですから心配しすぎることはありません。治療法、治療経過についてご説明いたします。
うつや、パニック、神経症などと説明されている場合:不安感や焦燥感を軽減するのに少量のメジャートランキライザーは大変有効です。私も特にメレリルやコントミンを愛用しております。
睡眠導入剤といわれた:レボトミンやコントミンを少量使用することがよくあります。いずれも副作用としての「眠気」を利用し、なおかつ不安を軽減するという安定剤の本来の作用を期待して、処方しています。
ページトップへ
薬と妊娠の関係?
<女性における影響>薬により、胎児にあたえる影響力に差があります。妊娠を希望する、あるいはすでに妊娠している場合には、当然できるだけ影響力の低い薬を選ぶ必要があります。
また妊娠の時期によって、胎児に影響が出る場合があります。妊娠3ヶ月までの初期では、胎児の主要な器官が作られる時期(=奇形の生じやすい時期)ですので、薬は最小限にしたほうがよいでしょう。また出産間際の服用では、新生児に薬が持ち越して禁断症状のような症状が出る場合があるので服用の仕方を工夫する必要もあります。
ただし「有益性投与」という言葉があるのですが、飲んだリスクと飲まなかったリスクを比べた場合、服用したほうが利益が大きいと考えられる場合には、是非服用してください。
当院では服用中の薬について、絶対禁忌(服用してはいけない)のカテゴリーに入るのか、あるいは有益性投与(必要なら服用して可)の範疇に入るのかをご説明いたしますので、お気軽にお声をおかけください。
もうひとつ、産婦人科医に相談するのもお忘れなく。
<男性側の影響>安定剤は連続して服用するがゆえに、女性の場合多少の問題があるわけですが、男性の場合は、薬は射精時のみ影響を与えるに過ぎないといえます。したがって女性が服用する場合ほど神経質になる必要はないと思います。
ページトップへ
どのような薬が使われるのでしょうか?
状態にもよりますが、もっとも多く使われるのは、抗不安薬(いわゆる安定剤)、抗うつ剤、睡眠薬です。睡眠薬は依存性の強いものは極力避けて使用します。希望により漢方薬を使用することもあります。
処方されるすべての薬については十分ご説明いたします。自分の服用している薬が何かわからず不安...などということはありません。
また、調剤薬局で薬剤情報書を貰っていただけば、お薬の名前、効能、副作用等も、ご自分でいつでも確認することが出来ます。
ページトップへ
パニック障害です。薬以外で治したいのですが、どのような方法がありますか?
パニック障害は気が小さくてなる障害ではありません。あるいは心理的な外傷が原因でなるのでもありません。GABAやセロトニンの代謝低下が関与している証拠があり、薬物療法がよく効く障害です。高血圧を精神力や気合いで下げる人はないでしょう。パニック障害には催眠療法や精神療法は無効です。しかし、一種の行動療法ですが、暴露療法といわれる、恐怖に直面して乗り越えるフェア・ファイター(恐怖の戦士)の方法は有効です。
ページトップへ
診察なしで処方箋だけもらえますか?
診察せずに処方することは法律で禁止されております。必ず診察を受けてから、処方箋をもらってください。
ページトップへ
トップへ戻る浜田醫院(浜田医院)コラム:ひとくち・ゆうゆう・えっせいよくある質問