コラム[ひとくち・ゆうゆう・えっせい]

コラム:ひとくち・ゆうゆう・えっせい

[戻る]
■ 衆愚2020. 3. 5

過去最も大衆に熱狂的に愛された国家指導者は誰かと考えた時に読者の皆さんはどの歴史上の人物を思い浮かべるだろうか。

これは異論をさしはさむ余地は無いと考えているが悪名高きあの「アドルフ・ヒトラー」である。

この世界的・歴史的に知名度の高い「悪魔」のような指導者は第二次世界大戦を惹き起こし、ユダヤ人大量虐殺、所謂ホロコーストの首謀者として多くの人に知られている。
そのことにマスクされてヒトラーの一時期の熱狂的な「人気」や実質的「功績」は殆んど言及がない。
あらためてここにそれらについて記してみたい。

ヒトラーはその著書「我が闘争」で大衆がいかに「愚か」であることを何度も書き記している。
人間は集団になると個々人の理性的な思考は絶対的多数の中に埋もれてしまい「論理」の消化と記憶が困難になる。
結果として恐ろしく単純化した「理論」を繰り返し呪文のように大衆に訴えつづけるという大衆操作法を採った。
また演説会の「演出」には相当に気を遣い、大衆が陶酔しやすいような雰囲気づくりに腐心したようである。
それは徹底的で細部にわたり入念に行われ、もともと「愚かな」大衆は容易に雰囲気に呑み込まれ洗脳されてしまったのだ。

ナチス党員の着る制服はともかく、当時でも他国と比べひどく洗練されてカッコイイ軍服が、若者達を魅了し自ら進んで入隊し、エリート化していくように仕向けたようである。
若者の思慮の浅さ、未熟さ、残忍さを上手に活用したようだ。
また国民生活は戦争を始める前のナチス政権下では経済活動も活発化し貧富の格差が解消され旧態依然とした階級制度の破壊。アウトバーン建設や大衆の買い求めやすい安価な国民車(フォルクスワーゲン)を設計、製造させ国民大衆を狂喜させた。
ヒトラーの姿を一目見ようと多くのドイツ国民は今の「ロックスター」を追い求めるように「追っかけ」たそうである。またナチス統治下の国内は決して暗鬱な類ではなく、明るく享楽的で文化芸術も百花繚乱だったという。巧みなイメージ戦略で、慈悲深く信心深く誠実で実行力のある「強いリーダー」とドイツの大衆には見なされていたのだ。

このような大衆の性質を知ってか知らずか同様な巧みなイメージ戦略とワンフレーズポリティクスで国民を翻弄したのが我が国の元内閣総理大臣・小泉純一郎。
横顔がヒトラーとそっくりであったこの人物は私生活もバツイチの「独身」であられ、おっしゃっている内容も「自民党をブッ壊す」「改革なくして成長なし」など意味不明で単純な屁理屈で大衆を操作し、多くの国民が誰も喜ばなかった「郵政民営化」を強引に押し切って実現させた。
この時の医師会への脅しは配られた「診療報酬を大幅に下げる」(民営化に応じなければ)というチラシを使用された。
唖然としたものだ。
勿論ワザワザ民営化させるにはそれなりに理由があったのではあろうけれど、民営化したJP職員は過酷な労働状況にあえいでおり、うつ病の発症率が10〜15%と民間企業では相当に高いレベルになっているらしい。

米国のトランプ大統領も大衆操作において同様の戦略を採用しているようで、粗々しい乱暴な言動も大衆には理解しやすく「極端」で「単純」である。
どうも大衆というのは極端な意見がお好きらしく白か黒か、是か非か、生か死かなど二分法的で物事の中立性、複雑性、中庸性を好まず過激な決断と行動に走るという特徴を有するようだ。

今回の新型ウイルス騒動も多くの愚衆はさまざまのマスコミに踊らされ過激な反応をして政府もまた安易な「自粛」を国民に求めてお茶を濁している。
マスメディアを含む大衆の流れに抗しきれなかった模様である。

ポピュリズムも殆んど同義語と思えるが衆愚におもねった国家国民の行き着く先は「破滅」であるのに。
ただし衆愚にも色々あって、極端な格差社会や貧困、飢餓、劣悪な治安など民心がすさんでいる状態の「衆」と、ほどほどに満ち足りている「衆」には差があって、勿論後者に平静、理性的がある一方で前者は感情的で荒々しくたちまちに兇悪兇暴な愚者の集団、即ち暴徒と化す。
社会的に劣悪な環境の国々ではこれらの民衆のひき起こす蛮行悪行が時々出現して世界中の人々を驚かせる。
シンボリックにはデモ行進とそれを鎮圧する軍隊という構図が想起され、毎度のことで隣国では衆愚そのものの集団が「デモ」を繰り返し政府をも転覆させてしまう。
衆愚と政府が一体となった不思議な国で結末はいつも決まっている。
国家元首の逮捕である。
何なんだろう。
文在寅大統領も相当に脅えていて「司法改革」に必死だそうである。

ありがとうございました
M田朋玖



濱田.comへ戻る浜田醫院(浜田医院)コラム:ひとくち・ゆうゆう・えっせいよくある質問