コラム[ひとくち・ゆうゆう・えっせい]

コラム:ひとくち・ゆうゆう・えっせい

[戻る]
■ 大人の恋愛作法2019.10.28

最近はこれが意外に知られておらず、さまざまな醜い争い事やスキャンダルを生じさせているようだ。
この頃は格調高い古典文学とか昔の良質な恋愛映画とかに触れない結果、生じている事態なのかも知れない。
筆者自身、実感としてそれほど「恋多き」男とは思ってはいないけれど、恋についてのマナー・作法については或る程度深考しているつもりで、少なくともそれら(作法)を意識している。
これらの知識は婚活や恋活にも応用できると思うので思い切って体験と知識を交えて記してみたい。

まず
➀守秘(秘密を守る)
恋は「秘め事」と言われるくらいで、お互いの秘密を人に語ったり知らしめたりしない方が良い。
特にごくごくプライベートの二人の間の秘密事、取り決めるなど絶対に人に喋ってはイケナイ。
恋はそれが熱烈なほど「恥ずかしいこと」で満ち満ちているのだ。
男性の何人かは自らの女性関係を得意気に実名入りで語る人がいるが、これは完全なマナー違反。
こういう行動をする男に「大人の恋」する資格はないし、女性の場合は自慢の彼氏を見せびらかしたいとの欲求があって、通りを歩いたり人に紹介したりする方もおられるが、これもあまり推奨できる行動ではない。
「秘め事」に徹する方が邪魔(中傷や誹謗)、噂話の種にされたりしないで済む。
結果的に恋の存在を知られた途端、周囲の人々のヒガミもあって順調な恋愛の進展に余計な阻害要因を作ってしまう。
心したいところだ。

A距離感
これも大人の恋愛には極めて大事。
相手の秘密事を暴いて喜んでいる人がいるが、この性向は順良な恋愛には有害無益である。

特に相手の携帯電話を覗いたりするのは厳に慎みたい。
相手のことをもっと知りたいという欲求は理解できる。
しかし相手のスマホ、携帯電話は地雷とか爆発物と同じように無断では、「触れずにいる」ことをお勧めする。
これらの慎み深い行動は相手のことを「信頼しています」という良質なメッセージとなって好感を持たれる。
また、相手の家族や仕事のことなどに口を出さないことである。
訊ねられたら答えるくらいにとどめた方が良い。

Bクールさ
怒りとか嫉妬とか激情に駆られることも時にはあるだろう。
それでもこれは男性側に限って絶対に感情的になってはイケナイ。
「キレて暴力」なんて言うのは論外でこのようなふるまいをする人々に楽しい恋愛はできない。
「冷静さ、クールさ」は大人の恋愛の必須要件だ。
少なくとも表面的にそのような態度に終始することが大切である。

C基本的な礼儀作法
これが最も大切かも知れない。
表題にもかなっている。
「おはようございます」「こんにちは」「おやすみなさい」などの初歩的な挨拶は極めて重要である。
多くの人はこのことを忘れている。
或いは軽んじている。
実際の対面での“挨拶”も大切だが、メールや電話などもキチンとした朝晩の挨拶をし合うことは夫婦関係も含め男女関係や恋愛作法のひとつで、これを欠かすと色々な意味で大きな損失をこうむるし「礼儀正しさこそ最強の生存戦略」という内容の書物も出ている。
相手に捨てられない為にはこの挨拶の有無は恋愛の存続に必須と思える。

D恐れさせない
女性にはストーカー恐怖があって悩ましい。
男も本能的にストーカーの気質を誰もが心に秘めている。
これらの恐怖感情の暴走をお互いに良く飼い慣らしておくことが大切だ。
基本「別れた女性」を追いかけてはイケナイ。
このことを良く得心してキッパリと未練を断ち切ることである。
たとえ未練があっても強く自重して女性を・・・男性を追いかけまわさないこと。
「恐れは愛を駆逐する」
このことを肝に銘じて、決して「相手を恐れさせない」工夫を常々しておくことである。
色々な意味で安心安全は良質な恋の基礎条件となる。

E性交渉の取り扱いに注意
性的に相性が良い場合でも、悪い場合でも性行為を無理強いしないこと。
「セフレ(セックスフレンド)」という言葉が嫌いであるが、たとえ真意が「性行為」であってもそれを口にしたり行動に現したりしてはイケナイ。少なくとも「恋愛」と限定するなら尚更だ。

女性を性の対象としか見なさず次々と相手を変え、何の見返りも与えず「女遊び」に徹していた男がいたが60代の現在は「女日照り」で誰にも相手にされず、極端に老けてしまっている。これは天罰と思える。

絶対に「只」では「しない」という70代の知人の社長は会社の景気も良く、その妖怪な風貌のわりに艶福家と言えるほどその道でお盛んだ。
まだ「現役」だそうである。
所謂「恋愛家」ではないが男女間における上記のマナーを幾つか守っておられるように見える。
本来アタマの良い人物とみている。

F不倫にご用心
現代社会での恋愛の背景として不倫がある。
配偶者のいる男女の交際。
これには充分な注意がいる。
婚姻中の人でも実質的に破綻しているならともかく、比較的良好な夫婦関係(多少争いがあったとしても)にまるで盗人のようにその相手をこっそりと奪うワケなので、相方(恋愛中の男女)の運気が急落下してしまう可能性がある。
まず子供に、周辺の親族に悪影響が現出し後々は当人達に害悪が及ぶ。
そういう結末を覚悟して「お付き合い」をしなければならない。
基本的にタブーと見做して良いだろう。
少なくとも肉体関係は持たない方が良い。

「不倫は毒の入った甘い蜜の味」

性愛の喜びがそれらの背景によって深まることは確からしいけれど。普通の経験知識のレベルだと周囲が「傷付いた傷つけられた」
と感じるようだ。
そういう心理社会的な事柄から超越し、殆ど頓着せずに「自由恋愛」を謳歌できる男女が時々いる。それらの人々は持っているエネルギーと知識経験の厚みが違う。
フツーの人は真似しない方が身のためだ。

G継続力・忍耐力・別離力
これは説明を要しない。
字面のとおりである。

以上勇気を持ってランダムに記してみた。
いくらか上から目線で読み辛かった読者も多いと思うが、トシに免じて、勝手な善意に免じてお許し願いたい。どんな状況にしろ恋愛中の男女に対する「暖かい目」を行間に感じて頂ければ幸いだ。
それが全く「ない」より「ある」方が好ましいのは言うまでもない。どんな関係であれ。

ありがとうございました
M田朋王久



濱田.comへ戻る浜田醫院(浜田医院)コラム:ひとくち・ゆうゆう・えっせいよくある質問