コラム[ひとくち・ゆうゆう・えっせい]

コラム:ひとくち・ゆうゆう・えっせい

[戻る]
■ 反日2017. 9. 7

北朝鮮の行動が国際的に問題になっている。
ご存知のとおり、「核開発(核実験)」「ミサイル発射」だ。
何故(?)という思いが多くの人にあると思えるが、筆者なりに推理したことを披露してみたい。

北朝鮮の建国は1948年9月9日だ。
正式名称は朝鮮民主主義人民共和国。
何とも皮肉なことにとても民主主義とは言えない国で、完全な独裁国家であるのにこの名称にあらためて違和感を持つ人はあまりいない。
1910年に日本に併合(中・韓・朝の三国は侵略という言葉を使うが)された。
これは両国の合意の上で行われたらしく、どちらかというと朝鮮側の依頼によって取り決められたとのことだ。

1948年の建国はスターリンの元で共産主義を学んだ朝鮮人(本当はロシア人かも知れない)の金日成(本名ではなく当時英雄とされていた将軍の名前を騙ったと言われている)を送り込んで国家元首としたようだ。
即ちこの時点でソ連の傀儡政権が誕生したワケである。
この時代、ソ連と中国は同じ共産主義国家として欧米諸国と対峙していたようで1950年に起こった朝鮮戦争(北朝鮮の南韓への侵攻)によって中国・ソ連と米国その他欧米列強の代理戦争の様相を呈したようである。

このような歴史的背景を考慮すると北朝鮮のミサイル発射、核実験という国際的な異常行動(平和を乱すという意味で)の本質が見えてくる。

それは中国もしくはロシアの差し金であるということだ。このことは中露の発言を観ているとはっきりと、誰でも洞察できるのでテレビで確認されたらいいだろう。
トランプ政権の米国及び日本その他追随勢力の動きを牽制、というか「試して」いるのである。万が一にでもアメリカが弱気な態度や極東アジアから手にを引くような気配があればまず沖縄を手に入れ、それを足掛かりに日本に手を伸ばして来るだろう。
とりわけ中国の覇権主義は周知のことで、海洋侵出を強めている南シナ海における人工島建設及びその他の軍事基地化は、強引な同国のチベット侵略、新疆ウイグル自治区の実効支配(ハッキリ言って占領というか収奪ですネ)と同じ拡張拡大主義思想の表れである。

そもそも核開発とかICBMミサイル発射とかそれを強行するだけの度胸があのお坊ちゃま、金正恩労働党委員長にあるのだろうか。自分の実の兄を殺してしまうような気の小さな男である。いや、ひょっとしたら中国の金正恩委員長への脅し即ちミサイル打ち上げへの指示に従わせる為の暗殺だったかも知れない。
またそれをつくるだけのお金や技術はどこから出ているのかと考えた時にちょっと考えたら誰でもでも分かる筈である。

そういう報道とかをしないのは日本政府やマスコミに「反日」という勢力が厳然と存在するからで、その代表格は朝日新聞とNHKであると睨んでいる。文芸春秋も大昔から怪しい。
それと沖縄のマスコミと県知事の翁長氏は完全に中国に頭を取られているようだ。
反米感情を煽ったり、デモを強行したりして沖縄独立、果ては中国に取り込まれてチベットやウイグル自治区と同じ迫害と弾圧の憂き目に遭わされるとも知らずに・・・。

国家の中に反国家(反日)勢力がいるとは俄かには信じがたい人も多いと思うが、注意深くNHKの報道や番組を観察していると鮮明にこのことが透かし見えてくるので、あらためて視聴されて見られたらと思う。

翁長知事など中国の習近平主席と何度も会って会談しているらしく、日本国や純良な沖縄県民からすると「裏切り者」である。
中国の思惑どおりになった時に自分自身と沖縄県民がどうなるか分かっているのだろうか。
愚かとしか言いようがない。
その他の反日勢力としては民進党などの野党だ。
今や昔の人となったが野党勢力の黒幕・小沢一郎氏などは昔から中国の要人と度々会っていて情報を交換していたようだ。

日本の平和と安全の生命線は自衛隊と日米同盟だ。
これらに批判的な勢力もしくは中韓よりの報道やコメントをしている政治家、マスコミの人々は中国に取り込まれている人物を見なして良いだろう。

先日はNHK−BS放送で英雄たちの選択「遣唐使・阿倍仲麻呂」の特集があった。
これなど何で今頃と思えるのであるが、あきらかにこの番組は中国寄りに制作されている。唐(中国)に新羅(韓国)、日本が朝貢(貢物を献上)して、かしづいていたという歴史を流していたワケであるが、これなど知識人に対するさりげない洗脳であると見ている。
当時と同じように中国の周辺国は皆、朝貢などして甘んじて追随するのが自然だ・・・みたいな内容でとても「腹が立った」。
そもそも中国は朝鮮半島も日本も自分たちのモノであると信じていて、今からあらためて取り戻そうとしている節があるのだ。
それで一番邪魔なのはアメリカであるので一生懸命、北朝鮮を裏から操ってミサイルをドンドン打ち上げさせて動きを探っているのだ。。

まるで詐欺師の常套手段である「マッチポンプ」みたいな行動に見える。詐欺の手口、揺さぶりというヤツである。
このような状況を顧慮すると日本の平和への危機が今そこに迫っているかも知れない。

多くの日本人は完全に平和ボケしていて、安全はタダだと思っているが、陰でいかに自衛隊や米軍が頑張っているか、そうしてアメリカ人の倫理観が結構高いモノであるか、世界大戦後の行動を見てみると明らかであると思える。
少なくとも中国に属するより米国に属する方がはるかにマシと個人的には思える。
このまま日本が中国に吸収される方向に行くようであれば今のウチに大金を貯めて資産を売り払ってカナダかなんかに移住した方がいいのではないかなどと・・・と秘かに考えてしまう。
この愛する国、日本を捨ててでもそのような行動をするのにはかなり忸怩たる思いがあるが、これほど愛国者が少なく反日の裏切り者がマスコミや、国会議員の中にいて堂々と跋扈し善良な国民を欺いている国はイヤだ。
多くの人に早く気づいて欲しいと心から思う。
ドイツやアメリカ、イギリスの方がこの点(反国家主義者がいない)では遥かにマシだ。

少なくとも常にロシアの脅威にさらされているバルト三国くらいの危機感は、日本国民全員に持って欲しいと思う。彼らはNATO北大西洋条約機構即ちアメリカの庇護下にあってこその平和だと強く認識している。この点は羨ましいと思う。憲法九条を世界遺産にしようなどという阿呆というかノーテンキな人間がいないというだけでも。

ありがとうございました
M田朋玖



濱田.comへ戻る浜田醫院(浜田医院)コラム:ひとくち・ゆうゆう・えっせいよくある質問